写経

お彼岸について

  • お彼岸の由来

    お彼岸は浄土思想に由来します。
    浄土思想で信じられている極楽浄土(阿弥陀如来が治める浄土の一種)は、西方の遥か彼方にあると考えられていました(西方浄土(さいほうじょうど)ともいいます)。
    そのため、真西に太陽が沈む春分・秋分の日は夕日が極楽浄土への「道しるべ」となると考えられていたのです。極楽浄土への道を「白道(びゃくどう)」といい、信じて進めば、必ず極楽浄土に至ると言う信仰が生まれ、現在に至っています。
    また、昼夜の長さが等しくなることからお釈迦様の教えである偏りのない考え方「中道(ちゅうどう)」を表すとも言われています。

    お彼岸の意味

    彼岸は、3月の『春分の日』と9月の『秋分の日』の前後3日間の計7日間、もしくはこの期間に行われる仏事(彼岸会)を指します。
    本来の意味としては、煩悩を脱した悟りの境地のことを言います。三途の川をはさんで、こちら側(人間)の世界を此岸(しがん)といい、向こう側(仏さま)の世界を彼岸(ひがん)というのです。
    彼岸は、パーラミター(波羅蜜(はらみつ))という梵語(ぼんご)の漢音写で「到彼岸(とうひがん)」と訳されます。「此の迷いの岸である現実の世界から、彼の悟りの岸である仏の世界へ到達する」という意味でもあります。

    お彼岸の期間

    お彼岸の期間は春分の日・秋分の日を中間とした7日間です。
    初日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸の明け」と呼び、中間の日を「彼岸の中日(ちゅうにち)」といいます。
    前後に3日間の日数がある理由は、彼岸に至るための6つの徳目の修行「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を毎日1つずつ実践するために設けられているといわれています。
    六波羅蜜とは「布施(ふせ)」「持戒(じかい)」「忍辱(にんにく)」「精進(しょうじん)」「禅定(ぜんじょう)」「智慧(ちえ)」の6つです。