写経

お供養・法要について

  • 手を合わせ、冥福を祈る心、日々に感謝することが故人への供養になります。
    お葬式後から五十回忌まで、法要を営む機会がございます。こちらでは、それぞれの法要の意義を
    お伝えしたいと思います。この節目には、浄相院でも法要を承っておりますので、
    日程や内容、ご不明点、不安なことなど、ご相談下さい。

    初七日

    • 初七日は、命日も含めた七日目に行います。この日は、故人が三途の川のほとりに到着する日とされています。

    中陰

    • 中陰の35日間、ご家族やご親戚、ご縁の深かった方を招き、法要を行います。

    満中陰(四十九日)

    • 四十九日は「満中陰(まんちゅういん)」とも呼ばれ、来世の行き先が決まる49日目の大切な日です。故人の成仏を願い、極楽浄土に行けるよう、ご家族やご親戚、ご縁の深かった方々を招き法要を執り行います。「忌明け(きあけ)」となり、祝いごとへの出席は控えておりましたが、この日をもって日常生活に戻る日です。

    百箇日

    • 百箇日は、亡くなった命日から数えて100日目の法要のこと。悲しみに区切りをつける日です。多くは、ご家族やご親戚のお身内で法要を営まれます。

    一周忌

    • 一周忌は故人が亡くなってから一年後の命日です。ご家族、ご親戚、ご縁の深かった方、知人を招き、法要を営みます。一周忌までが喪中(もちゅう)です。この日をもって喪が明けることになります。

    祥月命日

    • 祥月命日(しょうつきめいにち)は、故人が亡くなったその年の月日のことです。ぜひ故人に会いに、お寺にお参りにいらっしゃってください。